HbA1c

今回HbA1cの値を測定できる機器を導入いたしました。

血液検査をすると検査結果にHbA1cという項目があります。糖尿病に詳しい方はご存知かもしれませんが、この暗号のような文字列は実はヘモグロビンA1cの略です。

ヘモグロビンという言葉はみなさんが聞いたことがあると思います。血中の物質ですね。赤血球に含まれるたんぱく質の一種で、酸素と結合して酸素を全身に送る重要な役割を果たしています。

ヘモグロビンは血中のブドウ糖と結合する性質があり、結合したものの一部がヘモグロビンA1c(HbA1c)となるのです。赤血球は体中を巡りますが、その間に余分なブドウ糖があればどんどんと結び付いていきます。

つまりHbA1c値は血中に余分なブドウ糖が多ければ多いほど高くなるという事になります。

測定した時点の身体的状態で変わってしまう血糖値と違い(血糖値は食前食後、ストレスなどでも値が変わってきてしまいます)、HbA1c値は測定時から過去1~2か月の数値を示すので、より正確な血糖状態が測れます。

その方の健康状態をさらに悪化させてしまう事にもなりかねないために、重度の糖尿病の方はインプラント治療を受けて頂く事が出来ません。この機器の導入によって、より安全にインプラント治療を行う環境作りができればと思っております。

前の投稿

オッセオインテグレーション

オッセオインテグレーション
インプラント体
次の投稿

インプラント体