治療計画とお見積もり

国内最大級の撮影範囲を誇る歯科用CTを導入したことにより、治療計画とお見積りの作成までが、その場で出来る様になりました。さらに埋入する位置にどれだけ骨が残っているのか、どのくらいの長さのインプラントを埋入できるのかまでが、たった4〜5分で分かります。これを従来のパノラマレントゲン写真を含めた資料とともに分析し、治療計画を作成していきます。その後お見積りを作成します。この間かかる時間は15〜30分です。

 

CT%E6%9C%AC%E4%BD%93.jpggpfPhoto220091231095015.jpg
症例によっては、院長の母校であり日本のインプラント治療の先駆者であり、最先端の技術を持つ東京歯科大学千葉病院および水道橋病院や、慶応大学病院のインプラント専門医であるK先生の技術サポートにより分析をして頂いておりますので、ほとんどのご相談に応じられると思っております。


詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html

 

インプラント埋入手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局部麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。埋入が多数に及ぶ場合は鎮静効果のある薬剤を事前に飲んで頂いたりする場合があります。

 

implant_img11.jpg

 

骨が十分でない場合は、まず埋入する部分を掘った穴からの骨の採取を行います。しかしそれでも足りない場合は、周辺部分からの採取や人工代用骨などを使用する場合もあります。

 

implant_img12.jpg

 

 

implant_img13.jpg

また、あまりにも骨量が足りない場合には、無理な埋入はせずに骨補填だけを行って手術を終了する場合もあります。(シムプラント分析があれば術前シュミレーションでお知らせできます)





詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html

治癒期間と2次手術

インプラントと骨がしっかりくっつくまで約6〜24週間待ちます。この期間、条件がよい場合にはインプラントの上に仮歯を入れていることができます。*骨の状態など、様々な条件により異なります。

 

2度目の手術をしてインプラントを粘膜貫通させ、粘膜の治癒をはかります。どうしても手術を1回にという場合には1回法のインプラントを行えば、この過程は無くなります。通常は2次手術を行った後にジンジバルフォーマー(ヒーリングキャップ)をつけていきます。約2週間で次のステップ 印象採得(インプラント部の形どり)を行います。

 

implant_img10.jpg
ジンジバルウォーマ


詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html

補綴物の製作

implant_img08.jpg

インプラントの技工物(最終的に入る「かぶせ物」「冠」「補綴物」)をつくる過程に入っていきます。

型どり(印象)→かみ合わせの型どり(咬合採得)→試して入れ(試適)→装着(セット) の順に技工サイドとやりとりをして技工物を作っていきます。

インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯磨きと半年に一度は定期検診を受けましょう。

 

 

技工物(補綴物)の詳細についてはフリアリットについてに記載してございます。

 

implant_img09.jpg


詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html


Q:仮歯はどうするの?

インプラントを前歯に3本入れることを勧められています。客商売をしているため、どうしても入れ歯では困るので苦渋の選択です。しかし先生から「仮歯は多分作れないので、しばらくは入れ歯ですね」と言われて困っています。インプラントがくっつくまでは、入れ歯になるのは避けられないのでしょうか?

 

A:こんにちは前橋のフクロ歯科医院の院長 DR.OWLです。

インプラントを行って、骨とくっつくまで(インプラントを入れた部位には原則として歯がないですから)の義歯に関しては、長期に治療用義歯をお使いいただくので、ケースによってはHPでも紹介しているFRSという入れ物を推奨しています。バネなくて目立ちにくい)またミニインプラントというものを使って、本物のインプラントを用いて、歯が入るまでの間それで支えるので、まったく義歯を使わない方法もあります。詳しくはご相談いただければ幸いです。

詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html

Q:歯の頭がつくまでどれくらい?

インプラントがくっつくまで前歯にインプラントを入れたいのですが、歯の頭が付くまでどのぐらいかかりますか。

 

A:こんにちは前橋のフクロ歯科医院の院長 DR.OWLです。

通常の方法では、インプラントを埋め込み、インプラントと骨がつくまでの期間(上顎は約3ヶ月、下顎は2ヶ月)は、歯をつけることはできません。その後、歯茎を貫通する金属(ヒーリングアバットメント)をインプラントに取り付け、数日から数週間粘膜部の治りを待ってから型を採り、土台がつきます。もう一度型を採ってやっと歯(歯の頭)が入ります(上顎で約5ヶ月、下顎で4ヶ月ぐらい)しかし、最近では骨と早く結合するインプラントを用いることにより、条件がよければ、インプラントを埋め込んだ日にインプラントに仮の歯を付ける方法(即時荷重)もあります。


詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html

Q:入れ歯とインプラント

入れ歯とインプラントはどう違いますか。

 

A:こんにちは前橋のフクロ歯科医院の院長 DR.OWLです。

「入れ歯」とは、義歯床という床の上に人工歯を並べた取り外し式のものをいいます。入れ歯には、歯以外に外れないための針金や顎付の部分などの余分な物が付いており、それが見た目を悪くしたり、しゃべりにくかったり、異物感があったりし、女性の方には受け入れがたいことが多いようです。また、咬んだ力は歯茎にかかるので、歯茎が痛くて硬い物が咬めないと不満を訴える方もおられます。それに比べてインプラントは、元の歯と同じように歯のみを付けるので、余分な物がないために見た目が良く、異物感もなくとても自然です。咬んだ力は歯茎にはかからず、硬い物も十分に咬むことができ、ご自分の歯と全く同じようになります。これがインプラントは第3の歯と言われるゆえんです。(第1の歯は乳歯、第2の歯は永久歯です)

詳しくはこちらをご覧下さい。
フクロ歯科医院 インプラント治療
http://www.owl.gr.jp/implant.html