チタンをインプラントに使う5つの理由

インプラト体はほとんどが純チタンを使った製品です。
これには大きく分けて5つの理由があります。


1.チタンは以前から食品添加物として幅広く使われているものであるということ。


2.ダイヤモンドに匹敵する強度を持つため、壊れにくく崩壊しないこと。


3.TiO2(酸化チタン)の形で化学的に安定しており、ほかの物質に変化することがない。


4.結晶格子が安定していて、サビを出さない。同じ金属でも鉄のようなものはすぐにサビが出るが、チタンは酸化物なのに結晶が崩れないのでサビが出にくい。


5.アレルギーが起きにくい。もちろんチタンアレルギーもまれにはあるが、ほとんど見られない。 


このような理由で、チタンがインプラントの材料として使われているのです。

チタン.jpg

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15521051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)